塾で見つける自分の伸ばし方|苦手を好きに変える場所

勉強

放課後の学童選び

放課後は学童で習い事

勉強

現在、東京都をはじめとして、さまざまな教育機関・企業が児童を対象とした学童を開いています。それを「アフタースクール」といい、ここでは児童をただ預かるだけでなく、習い事やさまざまな体験を行うことができます。 そのアフタースクールの習い事のプログラムに関しては、サッカーやダンスをはじめとする体を動かすものや、ピアノやバイオリンといった音楽関係の習い事、絵画や書道などといった芸術に関するものとさまざまです。 東京都内であるとインターナショナルスクールの経営しているアフタースクールや、私立の学校が経営しているアフタースクールも多数あります。 学校が終わって大体18時過ぎくらいまで子供を預かってくれるので、働くお母さんの多い東京ではこのような施設を利用している人は増えています。

英語を学ぶなら

東京ではインターナショナルスクールが多いこともあり、小学生を対象にインターナショナルスクールで学童を開いているところも多数あります。それだけでなく、英語教室が学童を開いているところもあります。 このようなため、学童と英会話教室が一緒になっており、遊びながら、英語をしっかり学ぶことができるのが魅力的です。 また、このようなインターナショナル系の学童であると、英語でさまざまなことを学ぶことに力を入れていることが多く、自分で調べて知識を身につけることもできるようになります。 現在、英語は世界共通語となっており、世界中の人たちと会話をする手段としては英語は必要不可欠なものであり、社会に出てからも英語のスキルが問われます。そのため、小さいうちから英語に触れて、英語を身につけておくためにもお勧めです。